2017年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

本記事では今年上半期にリリースされたDrum 'n' Bassアルバムの中から特にお薦めしたい5枚を選出しました。この6ヶ月を振り返るきっかけとして活用していただければ幸いです。

関連記事
2014年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2014年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2015年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2015年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2016年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2016年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

今年上半期はGoldieがGoldie名義としては19年振りとなるアルバム'The Journey Man'をリリース。彼らしい鋭いビートと濃密なベース、広遠な空間を感じられる空間処理は圧巻です。

また、拙さが感じられる箇所も見受けられるものの瑞々しい個性を発揮しているHugh Hardie'Colourspace'はLiquid Drum 'n' Bassファンへ是非お勧めしたい作品。

そして、Hospital Recordsを離れ新たな環境へ移行したCamo & Krookedが放つ'MOSAIK'は前作'Zeitgeist'で見せた方向性を更に推し進めた作品で、印象的なメロディーや巨大なドラムサウンドを魅力としていた以前のスタイルとは更に距離を置いた硬派な内容となっています。

Goldie - The Journey Man

Journeyman / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Dexcell ‎- Under The Blue

Bandcamp / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Hybrid Minds - Elements

Hybrid Minds / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Hugh Hardie ‎- Colourspace

Hospital Records – Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Camo & Krooked ‎- MOSAIK

RAM Shop

2016年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

2016年も残り僅かとなりました。本記事では今年下半期にリリースされたDrum 'n' Bassアルバムの中から特にお薦めしたい5枚を選出しました。上半期の記事と併せて2016年のDrum 'n' Bassシーンを振り返るきっかけとして是非ご活用下さい。

関連記事
2014年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2014年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2015年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2015年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2016年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

今年下半期はBlu Mar Tenが2013年の'Famous Lost Words'以来3年振りとなるアルバム'Empire State'をリリース。1996年の最初のリリースから実に20年が経過したシーンの重鎮が放つ貫禄の一作です。

SCARDom & Rolandがリリースした'The Orkyd Project''Last Refuge of a Scoundrel'は何れもMetalheadzらしく硬派な出来映え。TechnimaticMetrikはそれぞれ2014年のデビューアルバム以来2年振りとなるセカンドアルバム'Better Perspective''LIFE/THRILLS'をリリース。高い評価を受けた前作を凌駕する仕上がりはLiquid Drum 'n' Bassファン必聴です。

Blu Mar Ten - Empire State

Bandcamp / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

SCAR - The Orkyd Project

Metalheadz Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Technimatic - Better Perspective

Shogun Audio / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Dom & Roland - Last Refuge of a Scoundrel

Metalheadz Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Metrik - LIFE/THRILLS

Hospital Records – Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

2016年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

2016年上半期が終了しこの6ヶ月の間に多数のDrum 'n' Bassアルバムがリリースされました。本記事ではそれらのアルバムの中から特に素晴らしいと感じたアルバムを5枚選出し御紹介します。この6ヶ月を振り返るきっかけとして活用していただければ幸いです。

関連記事
2014年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2014年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2015年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2015年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

今年上半期は2014年にRAM Recordsと契約を結んだAudioが遂にアルバム'Beastmode'をリリースしました。これまでにVirus Recordingsで3枚のアルバムを残しているAudioのRAM Recordsとの専属契約はファンにとって大きな懸念事項でしたがこれまでのリリースを振り返っても、そして本作を聴くことでもそれが杞憂にすぎなかったことが分かります。

MetalheadzからリリースされたMikalのデビューアルバム'Wilderness'は硬質で複雑なリズム、不穏なベースとパッドが交錯する硬派なDrum 'n' Bassを聴くことが出来ます。また、Fred V & Grafix, Logisticsはそれぞれ約2年振りとなるアルバムリリース、CalibreはShelflifeシリーズ4作目をリリースしており、何れもLiquid Drum 'n' Bassファン必聴の仕上がりです。

Audio - Beastmode

RAM Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Mikal - Wilderness

Metalheadz Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Calibre - Shelflife 4

Signature Recordings / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Fred V & Grafix - Oxygen

Hospital Records – Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Logistics - Electric Sun

Hospital Records – Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

2015年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

2015年も間もなく終了します。本記事では下半期にリリースされたDrum 'n' Bassアルバムの中から特にお薦めしたい5枚を選出しました。同趣旨の記事を半年ごとに公開していますので聴き逃している作品がありましたら是非御確認下さい。

関連記事
2014年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2014年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2015年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

Rewind the Second Half of 2015

2015年の下半期は制作中とされながらもリリースに至っていなかった作品が相次いでリリースされました。Breakにとって5年振りのアルバム'Simpler Times'は常に高い水準を保ち続けるBreakのプロダクションの中でも特に1つ1つの音が明瞭で、過剰な装飾に頼らない洗練された楽曲のみで構成されている傑作です。

Rockwell'Obsolete Medium'は前衛的でありながら大衆的な要素も持つ意欲作で、制作が長期に渡ったことも頷ける緻密な作り込みが映える作品です。また、2011年以来のアルバムリリースとなったLondon Electricity'Are We There Yet?'、2010年以来のアルバムリリースとなったArtificial Intelligence'Timeline'、そしてA SidesMakotoによる待望のコラボレーションアルバム'Aquarian Dreams'では最上級のLiquid Drum 'n' Bassを聴くことが出来ます。

Break- Simpler Times

Symmetry Recordings Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Rockwell - Obsolete Medium

Shogun Audio / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

A Sides & Makoto - Aquarian Dreams

Bandcamp / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

London Electricity - Are We There Yet?

Hospital Records – Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Artificial Intelligence - Timeline

Metalheadz Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

2015年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

2015年上半期にリリースされたDrum 'n' Bassアルバムの中から特にお薦めしたい5枚を選出しました。過去2回半年ごとにこうした記事を書いていますので聴き逃している作品がありましたら是非確認してみて下さい。

関連記事
2014年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2014年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

Rewind the First Half of 2015

今年上半期は前作から約3年振りとなったSpectraSoulのセカンドアルバム'The Mistress'や、長いキャリアの中で初のアルバムリリースとなったDJ Marky'My Heroes'、Hospital Recordsとの専属契約後初のアルバムリリースとなったReso'Ricochet'といった注目作が多数リリースされました。そんな中でそれらのアルバム以上に強烈な印象を残したのがBensleyとSporです。

Bensleyのデビューアルバム'Next Generation'はこれまでのRAM Recordsにはあまり見られない幻想的なパッドや印象的なメロディーを聴かせることに焦点を合わせた作風で、これはRAM Recordsらしい楽曲を予想していた人にとって意外なものでした。技術的な拙さを感じる箇所もありますが自由な発想で作られた瑞々しい楽曲の数々は未来のアンセムを生み出す可能性を十分に感じさせます。

そして、久々のDrum 'n' Bass回帰作となったSporCaligoはタイトで中域を押し出したドラムと硬質なNeurofunkベースというSporが予てより得意としていたスタイルを更に洗練したアルバムです。彼の硬派過ぎず過剰に迎合することもないバランス感覚は本作でも健在で、Feed Me名義での活動と共通する部分と言えます。

Forthcoming Second Half of 2015

下半期にはまずA Sides & Makoto'Aquarian Dreams'のフルリリースが目前に迫っています。更にMed School MusicからEtherwoodのセカンドアルバム、そしてVirus Recordingsからリリース予定とされているGridlokのアルバムに関する動きにも注目です。

Bensley - Next Generation

RAM Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Spor - Caligo

BitTorrent Bundle / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

SpectraSoul - The Mistress

Shogun Audio / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

DJ Marky - My Heroes

iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Reso - Ricochet

Hospital Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

2014年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

2014年も残り僅かとなりましたが本記事では2014年下半期にリリースされたアルバムの中から特にお薦めしたい作品を上半期同様5枚選出しました。2014年のシーンを総括するきっかけとして上半期の記事と併せてお読み下さい。

2014年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

Rewind the Second Half of 2014

上半期素晴らしかったHospital Recordsからのリリースの流れは下半期になっても変わらず、LogisticsやNu:Toneのように長らく個人でのリリースが無かったHospital Recordsの重鎮とも言えるプロデューサーもアルバムを発表しました。

彼等のアルバムが優れていたことは間違いありませんが、それらと比べてもMetrik - 'Universal Language'S.P.Y - 'Back to Basics Chapter Two'の2枚はHospital Recordsの商業的な面とその対極というHospital Recordsの振り幅の大きさ・多様性を象徴する素晴らしいリリースでした。これは上半期のFred V & Grafix - 'Recognise'とS.P.Y - 'Back To Basics Chapter One'にも言えたことで、多彩で優れた作品を多数シーンに送り出した今年のHospital Recordsの働きはレーベルとして素晴らしいものでした。

Technimatic'Desire Paths'Tokyo Prose'Presence'に関してはリリースのタイミングでご紹介することが出来ませんでしたがどちらもソウルフルで綿密にプログラミングされた今年最高のLiquid Drum 'n' Bassアルバムの1つと言える出来でした。

Ulterior Motive- 'The Fourth Wall'は最早説明不要ですが、硬質で無骨なドラムとベースに清涼なパッドサウンドとフックのあるサンプルという彼等の特色が遺憾なく発揮された傑作で、特にTape Packは大きな反響を呼びました。結果として"Metalheadzからのリリース"という信頼度を更に高めるアルバムとなったことは間違いありません。

Forthcoming 2015

各プロデューサーのツイートやインタビューでの発言等から2015年中のリリースが期待出来るアルバムは既に多数挙げられますが、その中でもSpor, Culture Shock, Etherwood, DJ MarkyそしてMakotoとA Sidesによる共作には特に注目です。また、今年早い段階からリリースが示唆されていたにも関わらず残念ながらリリースされなかったBrookes BrothersとEd Rush & Opticalのアルバムは続報が待たれます。

2014年はLiquid Drum 'n' Bassアルバムに秀でたリリースが多かったという印象を受けましたがこうした傾向が2015年も継続するのか或いは変化するのかは楽しみな所です。

最後に、3月から始めたこのブログですが来年もその時々で関心を持ったことについて記事を書いていこうと考えています。お読み頂きありがとうございました。良いお年をお迎え下さい。

Ulterior Motive- The Fourth Wall

Metalheadz Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

S.P.Y - Back to Basics Chapter Two

Hospital Records – Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Technimatic - Desire Paths

Shogun Audio / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Tokyo Prose - Presence

Samurai Music Group / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Metrik - Universal Language

Hospital Records – Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

2014年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

2014年も半年が終了しこの6ヶ月の間に多数のDrum 'n' Bassアルバムがリリースされましたが、それらのアルバムの中から特に素晴らしいと感じたアルバムを5枚選出しました。この6ヶ月を振り返るきっかけとして活用していただければ幸いです。

今期特に良かったのはHospital Recordsからのリリースです。Fred V & Grafixの'Recognise'、S.P.Yの'Back To Basics Chapter One'は何れも流麗で親しみやすい"Hospital Recordsらしさ"を感じられる2枚でした。そしてHospital Recordsの姉妹レーベルであるMed School MusicからリリースされたKeenoのデビューアルバム'Life Cycle'は前述した"Hospital Recordsらしさ"に加えてクラシカルな要素を違和感なくDrum 'n' Bassに持ち込んだ意欲作です。

これら以外にも素晴らしいLiquidfunkアルバムが多数リリースされたのに対しTechstepやNeurofunkといったサブジャンルに括られるハードな作品には飛び抜けて良いアルバムが殆ど見られなかったというのが正直な感想です。昨年の同時期にはRene LaVice - 'Insidious'やShockOne - 'Universus'といった強烈な印象を残すアルバムが存在しただけに今期の傾向は少し残念に感じられました。

下半期は2009年の'Travel The Galaxy'以来となるEd Rush & Opticalのアルバムリリースが予定されていることに加え、LogisticsやMetrikそしてS.P.Yの'Back To Basics Chapter Two'といったHospital Recordsからのリリースに引き続き高い期待が寄せられます。

Fred V & Grafix – Recognise

Lenzman - Looking At The Stars

S.P.Y - Back To Basics Chapter One

Keeno - Life Cycle

Optiv & BTK - Blackjack