Mat ZoがMRSAとして新曲を発表

mrsa.png

Mat ZoMRSA名義での新曲、Bio Weapon及びStuxnetのリリースを発表しました。

MRSAとは主にTrance / Houseプロデューサーとして知られるMat ZoがDrum 'n' Bassトラックをリリースする際に使用していた名義で、新たな作品が発表されるのは約4年振りです。また、以前のMRSA名義での活動はLiquid Drum 'n' Bassを基軸としていましたが今回発表された2曲が属するサブジャンルはNeurofunkとなっています。

Bio WeaponはVision Recordingsの姉妹レーベルInvisible RecordingsからリリースされるEP'SOLIDS_1'に収録され07月07日にリリース予定です。

Solids_1 (Digital) (PRE-ORDER) - Vision Recordings

また、StuxnetはHospital Recordsのコンピレーションアルバム'Hospitality In The Park 2017'に収録、こちらは07月28日にリリースされます。

Hospital Records – Shop – Various Artists – Hospitality In The Park 2017

Fred V & Grafixが英首相の発言をサンプリングしトラック制作

Fred_V_and_Grafix.jpg

Fred V & Grafixは今月06日、自身のYouTubeチャンネルで現イギリス首相Theresa May氏の発言を基にトラック制作する模様を動画で公開しました。

動画にはピッチ補正プラグインWaves Tuneでサンプルを加工する様子やiZotope VocalSynthでハーモニーを生成する様子などが記録されています。

サンプリングされたMay首相の"Strong and stable leadership"という台詞はイギリス総選挙に向けてMay首相が打ち出したスローガンで、今後EUからの離脱手続き"Brexit"を進める必要があるイギリスの与党保守党は当初2020年に予定していた総選挙を今年実施すると04月に決定、May首相は自らの率いる保守党の「強く安定したリーダーシップ」を選択するのか「弱く不安定な連立政権」を選択するのかをイギリス国民に問いました。当初優勢と見られていた保守党でしたが、「強く安定したリーダーシップ」というスローガンを執拗に繰り返す様は多くの人の嘲笑を買い、更に打ち出した選挙公約が野党に酷評され世論調査でも労働党に詰め寄られたことで投開票前からMay首相の選挙戦略を疑問視する見方は強まっていました。

'Strong and stable' - Why politicians keep repeating themselves - BBC News

この動画が公開された後、現地時間06月08日に行われたイギリス総選挙ではMay首相率いる保守党が第一党を守ったものの過半数議席の獲得には至らず、保守党内からも首相の進退について意見が飛び出す事態となっています。

Election results: Theresa May 'no intention of resigning' after losses - BBC News

Hospital Democast最新エピソードが公開に

Hospital_Democast_With_Whiney_720x720.jpg

Hospital DemocastとはHospital Recordsのデモ提出フォームからレーベルへ寄せられたデモの中から良質な楽曲を選定しMixとして紹介する番組です。

2014年10月の配信以降行われておりませんでしたが今回Whineyがホストを務める形で最新エピソードが公開されました。視聴にはPodcast, Mixcloud, YouTubeなど様々な方法が用意されています。

Apple Podcats 内のHospital Records「Hospital Records Podcast」
Hospital Democast with Whiney by Hospital Records | Mixcloud

Tracklist:
Think Less ‘I Keep’
Changing Faces & Inmost ‘Secret Place’
Mountain ‘Natural Law’
Kiril ‘Stock Hatsow’
Subview ‘Soundsystem’
Bou & Niterider ‘Running’
Impish ‘Let Me’
Perspective ‘Yemoja’
Dubhead & Fatone ‘Tenderness’
Tomek N ‘Be With Me’

なお、今回Natural LawがプレイされたMountainは日本人であるとWhineyは触れており、彼のSoundCloudページもMix中で紹介しています。

Mountain | Free Listening on SoundCloud

今回楽曲がプレイされたプロデューサーの中には将来的にMed School Musicの新人登用コンピレーションアルバム'New Blood'シリーズへ楽曲が収録される者やHospital Records及びMed School Musicと専属契約を結ぶ者が現れるかもしれません。今後の動向に注目です。

Blu Mar Ten "Titans" Remix Competition

17635356_10155057017298211_8329677591396544782_o.jpg

昨年アルバム'Empire State'をリリースしたBlu Mar TenはDJMag.com上でRemix Competitionの開催を発表しました。

題材となるのは'Empire State'に収録されているTitansで、優勝者のRemixトラックはアルバムRemixプロジェクトの一つとしてリリースされるということです。

BLU MAR TEN EXCLUSIVE DJ MAG REMIX COMPETITION | DJMag.com

参加方法

BLU MAR TEN EXCLUSIVE DJ MAG REMIX COMPETITIONにアクセスしDownload the parts for Titans here.リンクかDOWNLOAD REMIX PARTSバナーからRemix Partsをダウンロード。それらを用いて制作したトラックをEmpire State Remix Competition - Blu Mar Tenからアップロードして下さい。

投稿期間

2017年04月30日 23:59 GMTまで

審査方法と結果発表

Blu Mar Tenが優勝者を選出し7日以内に発表

賞品

優勝者: 他のプロデューサーのRemixトラックと共にアルバム'Empire State'のRemixプロジェクトの一つとしてRemixトラックをリリース, Blu Mar Ten MusicのCD及びVinylセット
次点: Blu Mar Ten MusicのCD及びVinylセット

参加される方は記載されている詳細なルール(BLU MAR TEN EXCLUSIVE DJ MAG REMIX COMPETITION下部に記載)をよく御確認下さい。

Terms & Conditions

1. This competition closes on 30th April 2017 at 23:59 GMT.
2. Entries not received by the deadline above will be invalid to enter. 
3. All entries must be submitted via the Blu Mar Ten site at www.blumarten.com/remix. Entries submitted via other means will not be accepted. No responsibility can be accepted by any party for entries not received due to technical or other delivery difficulties. 
4. The winner will be selected after the closing date at the discretion of Blu Mar Ten, whose decision is final. The winner will be notified within seven days. 
5. Winner will be the remix submitted from all relevant entrants as the one most liked by Blu Mar Ten. 
6. 'Winning' means that your remix will be featured as a digital release along with remixes from other artists of Empire State album tracks with full credit to you. It also means that you will receive the prizes offered by our participating partners, if available. Winning the competition does not entail any form of financial reward for entrants. 
7. If you make your remix available for download or distribute it in any way prior to the close of the competition you will automatically be disqualified from winning. If the winning remix is found to be distributed prior to release Blu Mar Ten reserves the right to disqualify the winner and choose an alternative. After the competition has closed and the winner announced you may make your remix available to the public for listening or free download. You are not allowed to charge for your remix or include it in any commercially released single, EP, LP, compilation or any other revenue generating activity, for example TV, cinema, games, adverts etc.. 
8. Your remix can be any style of music you choose and can be as similar or different to the original as you wish. 
9. You may use as many or as few of the samples as you see fit and you may add as much of your own content as you wish. 
10. Unfortunately we are not able to enter into 'feedback' conversations about entries. If you wish to get praise, criticism or advice please upload a clip of your remix to Soundcloud or Youtube and share it with the many forums and social media channels available to you. 
11. Please do not submit unfinished tracks or 'works in progress'. These will be automatically disqualified and deleted. 
12. You may enter more than one remix but note you are only allowed to submit each remix once, so make sure your entry is the final version when you upload it. Resubmissions of the same track will be automatically disqualified and deleted.
13. Upon announcement of the winner, the winning remix must be provided to Blu Mar Ten in WAV format prior to mastering.
14. The winning remix will be professionally mastered at Finyl Tweek. 
15. All parts made available to download, and all parts downloaded remain the property of Blu Mar Ten. All remixes completed, whether submitted in this competition or not, remain the property of Blu Mar Ten. No exploitation, or distribution of remixes shall be permitted without the sole written consent of Blu Mar Ten. 
16. No purchase necessary and no proof of purchase required. 
17. Blu Mar Ten's decision is final and no correspondence will be entered into. There is no cash alternative and the prizes are non-transferable. 
18. Blu Mar Ten & DJ Mag reserve the right to verify the eligibility of applications. 
19. The winner's name may be published on www.djmag.com, www.blumarten.com and Blu Mar Ten & DJ Mag's social networks after the closing date of the competition. Blu Mar Ten and participating partners reserve the right to contact the winner for permission to involve them in any post competition publicity and the winner agrees to such activities and shall make themselves reasonably available for such purposes. 
20. Your entry must not infringe on the rights of any third party, including, but not limited to copyrights, trademarks, or rights of privacy or publicity, or other intellectual property rights. By entering this competition you indemnify Blu Mar Ten & DJ Mag against any such infringements. 
21. Blu Mar Ten & DJ Mag reserve the right to cancel or amend the terms of this competition at any time without prior notice. Any changes will be posted within the rules on www.djmag.com. 
22. Prize is subject to final selection. In the event of unforeseen circumstances, Blu Mar Ten & participating partners retain the right to offer alternative prizes. 
23. Entering the remix competition implies full acceptance of these terms and conditions, which are legally binding. Blu Mar Ten & DJ Mag reserve the right to disqualify any entrant if we have reasonable grounds to believe the entrant has breached any of these terms and conditions. 
24. The competition and the terms and conditions of this agreement will be governed by the law of England & Wales.    

WilkinsonがBBC Radio 1's Essential Mixに登場

17038858_10155015748906585_942786122298277601_o.jpg

03月04日放送のBBC Radio 1's Essential MixWilkinsonが登場しました。

Wilkinsonは04月21日にセカンドアルバム'Hypnotic'のリリースを控えており、本Mixにはアルバムから4曲がプレイされています。彼のセカンドアルバムは前作'Lazers Not Included'のリリース後直ぐに制作に関連した情報が取り沙汰されていましたが計画の変更などに伴い長期間リリースには至っていませんでした。

WilkinsonのBBC Radio 1's Essential Mixは現在オンデマンド放送で全編視聴可能です。

BBC Radio 1 - BBC Radio 1's Essential Mix, Wilkinson

DNB60にHospital RecordsからMakotoが登場

makoto.jpg

02月14日放送のBBC Radio 1 - FrictionにてDNB60にMakotoが登場しました。

DNB60はBBC Radio 1 - Frictionの放送時間が3時間となった2014年09月から新設されたDJ Mix枠で、毎週主要なDrum 'n' Bassレーベルと契約を持つDJから提供されたDJ Mixを番組最後の1時間に放送するというものです(開始当初は60 Minutes of ***[レーベル名]と呼ばれていた。)。

MakotoのDNB60は現在オンデマンド放送で01:59:50頃から聴くことが出来ます。

BBC Radio 1 - Friction, Rockwell sits in

Shogun AudioがPola & Brysonとの専属契約を発表

pola_bryson.jpg

Shogun AudioはイギリスのDrum 'n' Bassデュオ、Pola & Brysonと専属契約を交わしたことを発表しました。また、02月24日には彼等のShogun AudioデビューEP'Find Your Way EP'がリリースされます。

Pre-order: Pola & Bryson - News - Shogun Audio

長期に渡る準備を経てデビューリリースを自身のレーベルで成し遂げるといった特異な経歴を持つ彼等は、2015年のデビューから瞬く間に名の知られた存在となりました。2016年には自身のレーベルSoulvent Recordsからアルバム'This Time Last Year'をリリース。シーンに現れてから僅かな間に多数の作品を残し確固たる地位を確立しています。

UKF掲載のインタビューでは今回の契約の経緯について語られており、記事中の「FrictionとShogun AudioのA&Rチームと会った時彼等は既に32曲とアイディアを持っていた」「既にShogun Audioでのファーストアルバムのために作業している」という記述からは昨年アルバムをリリースしたばかりであるにも関わらず彼等が如何に多作であるかを伺い知ることが出来ます。

Pola & Bryson Sign To Shogun Audio

また、美しいLiquid Drum 'n' Bassを多数制作し、'Hospital Mixtape: Fred V & Grafix''Hospitality 2016'等Hospital Recordsのコンピレーション作品に楽曲が収録されるなどしていたPola & Brysonですが、インタビューでは「厳格にLiquidのみをリリースするレーベルとは契約したくなかった」と語るなど幅広いスタイルの楽曲をリリースすることへの含みを持たせています。今後の活動に注目です。

Apple Music 内のPola & Bryson「Find Your Way - EP」
Amazon.co.jp: Find Your Way - EP: Bryson Pola: デジタルミュージック

MuzzyがDonald Trumpアメリカ大統領のイスラム圏7カ国入国禁止大統領令に抗議

Muzzy.png

Muzzyは2011年のMonstercatでのデビュー以降優れたDrum 'n' BassやDubstepトラックをリリースし続けているイギリス人音楽プロデューサーです。

本名がMustafa Alobaidであることからも分かるようにイラク人の親の元に生まれイギリスで育ったアラブ系イギリス人である彼は、01月27日にアメリカで発令されたイスラム圏7カ国(イラン、イラク、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメン)からの一時的な入国禁止を命じる大統領令に対して自身のTwitterアカウントで抗議の意志を示しています。

イラク難民の息子として、今はイギリス人音楽プロデューサーとして、私は「危険な国々からの全ての移民を禁止する」というdogma[教義]を支持することは出来ません。

また、Muzzyは一般ユーザーとのやり取りで以下のように自身が抱える不安を吐露しています。(既に削除済みではありますがこの一連のやり取りは元々Muzzyが発したあるツイートに対する一般ユーザーのリプライから始まったものです。現在もFeedlyで彼のTwitterアカウントフィードを購読することでキャッシュから削除されたツイート内容を読むことが出来ます。)

全容はこちらから。https://twitter.com/MuzzyMusic/status/825417566403301378

Skookumosity@skooktweets
もしテロ支援国家から来ていないのであれば、あなたは大丈夫です

Muzzy‏@MuzzyMusic
しかし私はイラクから... 私はUKに住んでいる、しかし私はイラク人。100%の。

Skookumosity@skooktweets
あなたはU.K.に住んでいる。大丈夫。

Muzzy‏@MuzzyMusic
ではもし私がイラクに住んでいたら私は許されないのだろうか?

Skookumosity@skooktweets
バックグラウンドチェックが行われます。もしクリアーされれば、あなたは旅行可能です。あなたは許可されるでしょう、しかし少し時間は掛かります。

Muzzy‏@MuzzyMusic
明らかにあなたは間違っている、今からイラクの誰であっても入ることを許されていないのだから、もし私がイラクに住んでいれば、私は許されないだろう。

Skookumosity@skooktweets
あなたはUKに居るんだ。何故心配する?大丈夫だ。

Muzzy‏@MuzzyMusic
何故なら極端な外国人嫌いとアラブ人に対する集団差別が私を孤独に見せるから。

Skookumosity@skooktweets
それはおそらく数ヶ月以内に違憲とされる、あるいはTrumpはISISがなくなればそれを取り下げるでしょう。焦らないで下さい

Muzzy‏@MuzzyMusic
ISISが速やかに去ると仮定して。 :)

Skookumosity@skooktweets
それらはしません。それは現時点では違憲に向かっている。あなたの幸運を祈ります

Muzzyの文面からはテロリズムやISISへの敵対心から来る、アラブ起源の人々に対する大衆の差別心が自身にまで及ぶ事への恐怖が感じられます。

今回の大統領令については発令直後からアメリカ国内外で大きな反発が巻き起こり、02月03日にはワシントン州連邦地方裁判所から大統領令の即時停止を命じる仮処分の決定が出されました。

入国を禁止された7カ国はObama大統領時代に懸念国(countries of concern)と見なされた国々で、こうした国々からの渡航者を制限することがアメリカ国内の安全性を高めることに繋がるという主張を基に今回の大統領は発令されました。一方で「9.11以降アメリカ国内で起こったテロ事件は半数がアメリカで生まれ育った人物によるものである(もう半数の大半はグリーンカード取得者と帰化市民。そして観光ビザを持ったナイジェリア人とビザの必要のないイギリス人だった)」という調査結果を根拠として合理性を欠くものであると指摘されています。

The Origins of Jihadist-Inspired Attackers in the U.S. - The New York Times

しかし、アメリカ国内では共和党支持者を中心に今回の大統領令を支持する国民も一定数存在し、司法による大統領令即時停止仮処分についても政府側は不服として争う構えを見せているため今後の見通しは不透明です。

Exclusive: A third of Americans think Trump's travel ban will make them safer | Reuters

Hospital RecordsがMakotoとの専属契約を発表

makoto.jpg

Hospital Recordsは今月3日、日本のDrum 'n' Bassプロデューサー / DJであるMakotoと専属契約を交わしたことを発表しました。

今回の契約締結への経緯や今後の活動についてはUKFに掲載された独占インタビューで語られています。以下のリンクから御覧下さい。

Makoto Joins Hospital Records

UKFでのインタビュー及び彼のFacebookページによると現在キャリア4枚目となるソロアルバムの制作中であり、上手く行けば今年後半にもリリースされるということです。

What’s next?

Obviously an album. We’ve been waiting for the right moment to announce that I’ve signed to Hospital but I actually started working with them after last summer. When you are doing the same thing for a long time sometimes you get lost and don’t want to accept someone else’s opinions but I think I am on the right path now and I feel like I’m moving forward with Hospital’s amazing team.

When’s the album dropping?

Hopefully later this year. I’ve already been working on it over the last few months. Writing an album is a long path and a lot of hard work, but I’m really enjoying it and excited about it. I would say more than half is done at the moment.

Pendulumが今夏開催のSouth West Four 2017への出演を発表

pendulumreturns.png

先日お伝えしたPendulumの活動再開を示唆する映像に続き、最新のアップロードで今夏ロンドンで開催されるSouth West Four 2017へのヘッドライナー出演が発表されました。Pendulumがロンドンでライブパフォーマンスを行うのは実に6年振りです。

関連: Pendulumが2017年中の活動再開を宣言か?