deadmau5 - Strobe (Dimension Remix)

Dimension.jpg

今後mau5trapからのリリースが予定されているdeadmau5 - Strobe Remix EPに収録予定のStrobe (Dimension Remix)のプレビューがUKF Drum & Bassチャンネルにて公開されました。

Strobeは2009年deadmau5によって制作された楽曲で、同年アルバム'For Lack of a Better Name'に収録される形で正式にリリース、更に2010年にはシングルカットも行われました。当時から現在に至るまで彼のセットでは非常に人気が高く、原曲のリリースから長い時間が経過しているにもかかわらずRemix EPのリリース計画が進行しているのもファンからの根強い支持に起因するものと考えられます。

また、Dimensionは2014年にdeadmau5 - AvaritiaのRemixを非公式ながら行っており、本トラックは多くのDJによってプレイされました。

StrobeはFaxing Berlin以降多くのProgressive Houseプロデューサーによって模倣され、当時飽和状態になっていたdeadmau5 Styleとも言えるシンセサイザーの複数のSaw波形をDetune(チューニングを外す)し和音や単音を奏でながらフィルターの開閉を行う形式のトラックとは異なる手法によるProgressive Houseを提示し、穏やかで強い陶酔感を感じさせることに成功した楽曲でもありました。

Dimension Remixは原曲の大きな特徴である聴衆を楽曲に引き込む壮大なイントロ、そしてドロップを最大限尊重した構造で、名曲とされる原曲への強い敬意を感じられる作りとなっています。

なお、StrobeのRemix EPはDimensionの他にFeed MeATTLAS, Lane 8等、deadmau5と親交の深い人物やmau5trapのレーベルメイトからRemixerを選出しているようです。リリースに関する詳細は続報をお待ち下さい。

that official MAU50100 package looking rather tidy...

mau5trapさん(@mau5trap)が投稿した写真 -

Sub Focus - X-Rayのリリースから10年

sub_focus.jpg

今年2015年はSub FocusX-Rayをリリースしてから10年が経過する年です。

現在では一般的なDrum 'n' Bassプロデューサー / DJという範疇を超えた存在となり今週末はULTRA JAPANへの出演も予定されているSub Focusですが彼のキャリアの転換点の1つ、最初のピークとして知られているのが2005年のX-Rayリリースでしょう。

X-Rayは2005年当時UK Dance Chartシングル部門で一位に輝いたリリース'X-Ray / Scarecrow'の収録曲で、一度聴けば忘れることのないリードラインとPunchy Snareが非常に特徴的な楽曲です。

このリリースで注目を集めたSub Focusは以降数枚のシングルと一枚のアルバムをRAM Recordsからリリース、何れも高い評価を得てシーン内での自身の地位を確固たるものとします。更にこの後、大規模なセットを構築したライブパフォーマンスの実現やセカンドアルバムがメジャーレーベルからライセンスされる等Drum 'n' Bassをルーツに持つアーティストとしては異例の商業的成功を収めることにもなるのです。

Sub FocusはRAM Recordsが産んだスターとして、そしてChase & StatusやWilkinsonへと繋がる最初の成功例としてDrum 'n' Bassの歴史を語る上で欠かすことの出来ない存在です。X-Rayは単純に素晴らしい楽曲であるのとは別にSub Focus栄光の日々の第一歩であり、延いてはDrum 'n' Bassに新たな可能性を示した契機として歴史的に重要な一曲でもあるのです。

RAMM54D - Sub Focus - X Ray
iTunes - ミュージック - Sub Focus「X Ray - Single」
Amazon.co.jp: X Ray: Sub Focus: デジタルミュージック

Culture ShockがCity Lightsのリリースを発表

culture_shock_-_city_lights.jpg

Culture Shockのシングル'City Lights feat. Bryn Christopher'が03月13日放送のBBC Radio 1 - Annie Macでエアプレイされ、03月16日Beatport限定でリリースされると発表されました。

City Lightsは非常に人気の高いCulture Shockの未リリーストラックで、これまで長らく正式なリリースが待ち望まれていました。初めてプレイされてから数年を経てようやくリリースされるCity Lightsですが、今回発表されたBryn Christopherのボーカルが加えられたバージョンとは異なるインストゥルメンタルバージョンを求めている人々も数多く存在します。現段階ではトラックリストが明らかになっていないため同時にリリースされる可能性は残りますが、もしCity Lights feat. Bryn Christopher単曲でのリリースとなれば次はインストゥルメンタルバージョンのリリースに期待が集まりそうです。

BBC Radio 1 - Annie Mac's Friday Night, Shiba San Mini Mix & Culture Shock Special Delivery

The Prodigy - Nasty (Spor Remix)

The_Prodigy_-_Nasty_(Spor_Remix).jpg

UKF Drum & BassのYouTubeチャンネル及びUKFのSoundCloudページでSporの最新Remix作品The Prodigy - Nasty (Spor Remix)のプレビューが公開されました。

昨年12月、Sporは自身のTwitterアカウントで「The ProdigyのトラックをRemixした。」と明かしていました。このRemixが今後リリースされる彼のアルバムの方向性を指し示すものとなるのか気になるところです。

Nasty (Spor Remix)はThe Prodigyの最新アルバム'The Day Is My Enemy'には収録されていませんが一部サイトで報じられているシングル'Nasty'のトラックリストに含まれており、今後リリースへ向けた正式な発表が行われるものと思われます。

Amy Steele - The Wolves (Lenzman Remix)

Amy_Steele_-_The_Wolves_(Lenzman_Remix).jpg

UKF Drum & BassのYouTubeチャンネルでLenzmanの最新Remix作品Amy Steele - The Wolves (Lenzman Remix)のプレビューが公開されました。

繊細なドラムトラックに深く沈み込むベース、そしてエレクトリックピアノが印象的なLenzmanらしいRemixです。こちらはイギリスの女性シンガーソングライターAmy Steeleのシングル'The Wolves'のRemix EP'The Wolves (Remixes)'に収録されます。

iTunes - ミュージック - Amy Steele「The Wolves (Remixes) - EP」
Amazon.co.jp: The Wolves (Remixes): Amy Steele: デジタルミュージック

Amy Steele - The Wolves (Lenzman Remix)が収録される'The Wolves (Remixes)'は02月01日リリースです。

Wilkinson & TC - Hit The Floorプレビュー公開

wilkinson_and_tc_hit_the_floor.jpg

RAM Recordsからリリース予定のWilkinson & TCのコラボレーションシングル'Hit The Floor'のプレビューがRAM RecordsのYouTubeチャンネルで公開されました。

Wilkinsonは昨年、アルバム'Lazers Not Included'からのシングル'Too Close', 'Half Light', 'Dirty Love'やEd Sheeran - Sing (Wilkinson Remix), Gorgon City - Go All Night (Wilkinson Remix)をリリースしていますがこれらは度々商業的だと批判の対象となりました。一方で昨年08月にUKF.comに掲載されたインタビューでは重く暗い楽曲への愛を語っており、今回のシングルでのドラムとベースを基調とした上で"Hit The Floor"というシンプルなリフレインを載せるスタイルはここ数年間商業的な方向へ傾いていた音楽性からの転換を感じさせます。

I love vocals, and always have. I love the heavier, darker instrumental tunes, and always have. Now it’s about bridging that gap more than I have before.

EXCLUSIVE: Wilkinson reveals new album! - UKF

'Hit The Floor'は01月12日に2週間Beatport限定リリース、その後01月26日にフルリリースとなるようです。

Dub Fx - Senorita (Makoto Remix)

makoto.jpg

UKF Drum & BassのYouTubeチャンネルでDub Fx - Senorita (Makoto Remix)のプレビューが公開されました。

こちらはAudioporn Recordsから来年リリース予定のDub Fx - 'Theory of Harmony'のRemixアルバムDub Fx - 'Theory of Harmony: Remixes'に収録されるとのことです。

AudioPorn Records - Dub FX - 'Theory of Harmony: Remixes' Album [forthcoming]

DJ Fresh - Gravity feat. Ella Eyre (DJ Marky Remix)

dj-marky.jpg

来年02月リリース予定のDJ Freshのシングル'Gravity'のDJ Marky Remixが12月02日放送のBBC Radio 1 - Frictionでエアプレイされました。彼らしい非常にソウルフルなRemixです。

01:41:00頃からGravity feat. Ella Eyre (DJ Marky Remix)がプレイされています。

BBC Radio 1 - Friction, Fred V & Grafix and Critical Music

'Gravity'は2015年02月08日にMinistry of Soundからリリースされます。

MakotoがBootlegを続々公開

10410511_10154864184950173_7685006008103401720_n.jpg

MakotoがA Sidesの最新アルバム'Revisited'収録曲This Is Your Time feat. Vanessa FreemanのRe-Edit、そしてJamiroquai - Space CowboyのDrum 'n' Bass Editを自身のSoundCloudページで公開しました。なお、A SidesはHuman Elements出演のため来月来日予定です。

iTunes - ミュージック - A Sides, MC Fats, Spikey Tee, Eavesdrop & Vanessa Freeman「Revisited」
Amazon.co.jp: Revisited [Explicit]: A Sides: デジタルミュージック

deadmau5 - Avaritia (Andy C Bootleg)

andy-c17-web.jpg

先月31日に開催されたAndy Cのオールナイトイベント"Andy C Allnight 2014 at Brixton Academy"に際してYouTube及びSoundCloudで公開されたAndy C - AllNight 2014 MixのSoundCloudコメント欄にて、Andy Cはセット内でプレイしているdeadmau5 - AvaritiaのDrum 'n' Bass Remixは自身によるものであると明かしました。

deadmau5 - Avaritia (Andy C Bootleg)は20:05頃からプレイされています

ANDY C ram says at 0:01:

@matcystm: The Deadmau5 - Avaritia bootleg is by myself....it was done before the summer ;)

Andy C - AllNight 2014 Mix by ANDY C ram on SoundCloud - Hear the world’s sounds

AvaritiaのDrum 'n' Bass Remixと言えばDimension Bootlegが非常に有名で今年はラジオ及びDJセットで多くのDJがプレイしました。そのためファンが作ったAndy C - AllNight 2014 Mixトラックリストでも当初はDeadmau5 - Avaritia (Dimension bootleg)とされていましたがこれをAndy C自身がDeadmau5 - Avaritia bootleg is by myselfと訂正。更にit was done before the summer ;)と今年夏以前に制作したものであることを明かしました。

なお、残念ながら現在のところリリース情報等は見受けられません。