Mat Zoが「全く異なる2枚のアルバムを制作している」と明かす

Mat_Zo.jpg

Mat Zoが現在全く方向性の異なる2枚のアルバムを制作中であると明かしました。

これはUKFに掲載されたインタビュー中Mat Zo自らが明かしたもので、全文は以下のリンクから閲覧可能です。

Mat Zo pays homage to drum & bass and reveals exciting album plans… - UKF

Sounds like you’re constantly in the studio… Can we chat about any album plans?

Sure. Actually I started one but accidentally started another during that process. So I have two albums in production right now.

TWO?

Yes. I had this one album that had a very specific theme but then I was writing all these other tracks which didn’t fit with it. So I started putting them into a different album projects.

So two completely different projects stylistically?

Completely. Almost opposite. One is really dark and serious. The other is kinda playful and tongue in cheek, almost.

The yin and yang of Mat Zo. Are you thinking of releasing them as a double album? Like Use Your Illusion One & Two? Not sure if you’re cool with an Axl Rose comparison….

Ha! I’m not Guns N’ Roses. But I did think about releasing both albums at the same time. But they’re such different styles it would be too confusing. And one will take a lot longer than the others. Who knows? It’s early for both but I’m really enjoying what I’m making right now…

Mat Zoの発言によると、2枚のアルバムは「ほぼ正反対のもの。」でありそれぞれのアルバムの方向性は「1つはダークでシリアス。もう1つは殆どが少し陽気でふざけた感じ。」とのことです。また、リリースのタイミングについては「同時リリースについても考えたが、それらは非常に異なったスタイルであるため混乱するだろう。」と2枚同時リリースには否定的な様子です。

近年はDrum 'n' Bassから遠ざかっていたMat ZoでしたがイギリスのSF映画Robot Overlordsのために制作されたRobots Never Lieは彼が発表した久々のDrum 'n' Bassトラックです。また、このトラックはこれまで彼が得意としてきたLiquid Drum 'n' Bassから離れた作品であるという点にも注目するべきでしょう。

インタビューでは今後のDrum 'n' Bassトラックのリリース予定についても尋ねられ、Mat Zoはアルバムに収録される可能性について言及しています。

So nothing forthcoming on Hospital right now?

We’re still friends, we’re in contact and I’m open to ideas but the stuff I’m making right now doesn’t fit their label.

Where would we find any D&B you’re making?

On albums, on my own label, who knows? I’ve got a few D&B tunes, though. Netsky and I started a collaboration a little while ago. There’s lots of stuff in the pipeline… I love drum & bass.

「現在制作しているトラックはHospital Recordsには適合しない。」という発言からはRobots Never LieのようなNeurofunkの要素を持ったDrum 'n' Bassトラックを制作していると予想することが出来ます。また、「最近Netskyとのコラボレーションを始めた。」という発言も気になる所です。その他インタビュー中ではMat ZoとDrum 'n' Bassの出会いについても語られています。是非全文をご覧下さい。

Mat Zoは2000年代後期から2010年代前期にかけてイギリスのTranceレーベルAnjunabeatsから前衛的なTranceを多数リリースしたプロデューサーとして特に有名であり、2013年にはアルバム'Damage Control'を同レーベルからリリース。また、優れたTranceプロデューサーであると同時に過去にはMRSA名義でHospital RecordsからDrum 'n' Bassトラックをリリースしています。

若干16歳でのデビューから2年後Anjunabeatsと契約を交わし、その後はプロデューサーとしてのみならずDJとしても高く評価されレーベルの一時代を支えました。そして、Anjunabeatsを離れた現在も自身のレーベルの立ち上げやSoundCloud上でのEPリリース等、楽曲制作のみならず音楽産業のあり方にも実験的な要素を持ち込み注目を集めています。