Teddy Killerzのエイプリルフール「我々はDrum 'n' Bassの制作を止める」

The_Future_LoFo_Sound.png

Teddy Killerzが04月01日に「Drum 'n' Bassの制作を止める。」という内容の嘘を披露しました。

今回の嘘は'The Future LoFo Sound'の説明欄で「我々はTeddy Killerzの新しいサウンドを探してきた。Neurofunkシーンに参入した3年間は素晴らしかったが、常に何かが欠けていると感じてきた。そうした中で我々はDrum 'n' Bassに疲れていることを認めざるをえない。我々は新しいサウンドへの旅の間に制作された3曲を共有したい。」と宣言し所謂EDMに分類することの出来る3曲を'The Future LoFo Sound'としてフリーダウンロードで公開するというものでした。

SNSの発展により嘘をつく側が対象との1対1の関係を作りづらくなったため誰かの指摘が割り込むことによって本来なら騙されていた人も嘘に掛けづらい状況になっていますが、今回はRAM Recordsの協力やUKF, Your EDMといったニュースサイトも巻き込んでいたため信じてしまった方もいらっしゃったかもしれません。

また、始めから騙されることのなかった人にとってもこれまでハードなDrum 'n' Bass, Electro House, Dubstepトラックを制作してきた彼等がEDMプロデューサーへ進むという突拍子もない内容とRAM Recordsの切羽詰まった演技はそれだけで十分楽しめる内容だったのではないでしょうか。

Teddy Killerz: "We're quitting D&B" - UKF
Teddy Killerz Abandon DnB Months After Signing To RAM Records | Your EDM

Hope you had some fun, people:) Massive thanks to UKF, RAM Records & Your EDM for taking part in that joke <3#LOFO #FOOLSDAY #COMETOTEDDY

Posted by Teddy Killerz on 2015年4月2日