Camo & Krookedがアルバムの制作を認める

CamoKrooked.jpg

Camo & Krookedが自身4枚目となるアルバムの制作に着手していることを認めました。

これは02月17日、Camo & Krookedが自身のFacebook, Instagramページへ「Gearing up for album number 4!」というメッセージと共にDave Smith Instruments Prophet '08, Roland RE-501, Jomox Mbase 11等が収められた画像を投稿したことで明らかとなったものです。

過去にAbove & Beyond, Cross the Line, Zeitgeistと3枚のアルバムをリリースし、現在ではHospital Recordsを代表するプロデューサーとなったCamo & Krookedが新たなアルバム制作に本腰を入れ始めたということで大きな注目を集めています。

これまでソフトウェアを基本とした制作環境で上下のレンジが広い煌びやかなサウンドを聴かせることで多くの支持を集めてきた彼等ですが、今回公開された画像以外にもここ数ヶ月でアナログ機材への傾倒を感じさせる画像を多数公開しており、こうした傾向が新たなアルバムにどのような影響をもたらすのかは大きな関心事です。

New studio buddies! Prophet 08 and a "Caravan" from the flea market:)

Camo & Krookedさん(@camokrooked)が投稿した写真 -

The guard of mighty bass

Camo & Krookedさん(@camokrooked)が投稿した写真 -

2 guys, 1 tape スピーカ泣き笑い

Camo & Krookedさん(@camokrooked)が投稿した写真 -