Kmagがウェブサイトの終了を発表

Kmag.jpg

Kmag(Knowledge Magazine)がウェブサイトの更新終了を発表しました。Kmagは昨年8月に新たなウェブサイトを立ち上げたばかりでしたが昨年末から繋がりづらい状態が続いていました。

これは筆者の1人であるChris Munizが自身のFacebookページで行ったもので、1994年の創刊以降の歴史を振り返ると共にDrum 'n' Bassシーンを形成する全ての人々へ敬意と謝意を伝えています。

Knowledge MagazineはDrum 'n' Bassというジャンルが確立してまだ間もない1994年に創刊、2007年に当時の出版社の破産によりKmagと名称を変更、2009年には紙媒体での雑誌を休刊しオンラインコンテンツへ完全移行する等、時代の変化と共に形を変えつつも20年間Drum 'n' Bassシーンを支え続けてきました。Chris Munizのメッセージの書き出しにもある通りKmagの終了は"The End of an Era"(一つの時代の終わり)を意味します。

また、この発表後多くの読者から寄せられたKmagの終了を惜しむ声に代表であるColin Stevenとマーケティング担当のRachel Pateyも謝意を表しています。

Kmagの終了は非常に残念ですが、彼等は早くも今後の計画について触れており、Chris Munizは"We are all still in the game and will be surfacing in different ways in the coming months, continuing in our quest to push the very best aspects of the culture forward."と今後数ヶ月の間に何らかの動きがあることを予告、Colin StevenとRachel Pateyは"We'll still be involved in the music scene so look out for updates on our new ventures soon..."と新事業(new ventures)の用意があることを明らかにしています。

こうした彼等の新たな動きがまたDrum 'n' Bassシーンと何らかの関わりを持つことを期待しましょう。