2014年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

2014年も残り僅かとなりましたが本記事では2014年下半期にリリースされたアルバムの中から特にお薦めしたい作品を上半期同様5枚選出しました。2014年のシーンを総括するきっかけとして上半期の記事と併せてお読み下さい。

2014年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

Rewind the Second Half of 2014

上半期素晴らしかったHospital Recordsからのリリースの流れは下半期になっても変わらず、LogisticsやNu:Toneのように長らく個人でのリリースが無かったHospital Recordsの重鎮とも言えるプロデューサーもアルバムを発表しました。

彼等のアルバムが優れていたことは間違いありませんが、それらと比べてもMetrik - 'Universal Language'S.P.Y - 'Back to Basics Chapter Two'の2枚はHospital Recordsの商業的な面とその対極というHospital Recordsの振り幅の大きさ・多様性を象徴する素晴らしいリリースでした。これは上半期のFred V & Grafix - 'Recognise'とS.P.Y - 'Back To Basics Chapter One'にも言えたことで、多彩で優れた作品を多数シーンに送り出した今年のHospital Recordsの働きはレーベルとして素晴らしいものでした。

Technimatic'Desire Paths'Tokyo Prose'Presence'に関してはリリースのタイミングでご紹介することが出来ませんでしたがどちらもソウルフルで綿密にプログラミングされた今年最高のLiquid Drum 'n' Bassアルバムの1つと言える出来でした。

Ulterior Motive- 'The Fourth Wall'は最早説明不要ですが、硬質で無骨なドラムとベースに清涼なパッドサウンドとフックのあるサンプルという彼等の特色が遺憾なく発揮された傑作で、特にTape Packは大きな反響を呼びました。結果として"Metalheadzからのリリース"という信頼度を更に高めるアルバムとなったことは間違いありません。

Forthcoming 2015

各プロデューサーのツイートやインタビューでの発言等から2015年中のリリースが期待出来るアルバムは既に多数挙げられますが、その中でもSpor, Culture Shock, Etherwood, DJ MarkyそしてMakotoとA Sidesによる共作には特に注目です。また、今年早い段階からリリースが示唆されていたにも関わらず残念ながらリリースされなかったBrookes BrothersとEd Rush & Opticalのアルバムは続報が待たれます。

2014年はLiquid Drum 'n' Bassアルバムに秀でたリリースが多かったという印象を受けましたがこうした傾向が2015年も継続するのか或いは変化するのかは楽しみな所です。

最後に、3月から始めたこのブログですが来年もその時々で関心を持ったことについて記事を書いていこうと考えています。お読み頂きありがとうございました。良いお年をお迎え下さい。

Ulterior Motive- The Fourth Wall

Metalheadz Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

S.P.Y - Back to Basics Chapter Two

Hospital Records – Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Technimatic - Desire Paths

Shogun Audio / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Tokyo Prose - Presence

Samurai Music Group / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Metrik - Universal Language

Hospital Records – Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック