Drum&BassArena Awards 2015開催発表

Drum&BassArena_Awards_2015.png

2009年の創設から通算7回目となるDrum&BassArena Awards 2015の開催が発表されました。

Drum&BassArena Awardsは全て一般ユーザーの投票によって結果が決定されるDrum 'n' Bass専門の音楽賞です。毎年年末に結果発表と授賞式が行われており、今年は12月01日にElectric Brixtonで授賞式が予定されています。

現在は投票が開始された際にメールでの通知を受け取ることが出来る事前登録を受け付けている状況です。また、昨年の結果についてはこちらの記事を参照下さい。

今年は昨年のBest Vocalistに続き新たなカテゴリーBest Remixが設けられることも併せて発表されており、新たな展開が予想されます。

Drum&BassArena Awards 2015: Register to Vote - Drum & Bass Arena :: Blog

次回のD&BTVはRAM RecordsからAudio, TeeBee, Rene LaVice, Prolixが出演

CPqbWzXWsAA1AMJ.jpg

日本時間10月01日02時30分より配信の次回D&BTVがRAM Records特集で行われることが発表されました。

今回はAudio, TeeBee, Rene LaVice, Prolixが出演しAudioとTeeBee、Rene LaViceとProlixのBack To Backが予定されています。

D&BTV - RAM Records Takeover September 30

Hospital RecordsがMadukとの専属契約を発表

Maduk.jpg

Hospital RecordsMadukと専属契約を交わしたことを発表しました。

Madukは主にLiquicity Records, Fokuz Recordings, Viper Recordingsからのリリースで知られるオランダ出身の24歳で、昨年はDrum&Bass Arena Awards 2014でBest Newcomer Producerに選出される等プロデューサーとして確かな才能を示して来ました。

Hospital Records – Maduk Signs Exclusively to Hospital Records!

既にHospital Recordsからのソロリリースも決定しており、'Not Alone'と題された4曲入りのEPが10月16日にリリース予定です。EPにはタイトルトラックである Not Alone feat. Duckfront, MVE and Fraeの他に'Hospital Mixtape: Fred V & Grafix'にも収録されたAfrica、そしてLogisticsとのコラボレーショントラックであるSolarize feat. Logisticsが収録されます。

Hospital Records – Shop – Maduk – Not Alone
iTunes - ミュージック - Maduk「Not Alone - EP」
Amazon.co.jp: Not Alone: Maduk: デジタルミュージック

今回の契約に際してUKFには独占インタビューが掲載されており、その中で'Not Alone'収録楽曲とコラボレーションについて語られています。また、現在アルバムの制作中であることが明かされています。

Got any more in the pipeline?<

We have one more track ready and finished but for now I want to focus on originals for the album… There are quite a few collaborations on the album already!

Reckon there’ll be another EP before the album, then?

Yes definitely. But I’d love to see the album out within the next 12 months. It’s about 50 per cent finished with a lot of work in progress and ideas I want to develop in the next few months, testing them out and seeing what works.

Maduk signs to Hospital Records

Velocityがblock.fmで未リリース楽曲を含むDJ Mixを披露

velocity.jpg

Velocityが09月16日にblock.fmのDrum 'n' BassプログラムLocalize!!に出演した際の模様が現在オンデマンド放送で視聴可能です。Velocityは24:00頃から未リリース楽曲やブートレグも織り交ぜたDJ Mixを披露しています。

Localize!! by Tetsuji Tanaka, MC CARDZ - 2015/09/16 | block.fm

Audio - Shatterdome / 2 Stroke [Out Now]

ramm199d.jpg

RAM RecordsからAudioのシングル'Shatterdome / 2 Stroke'がリリースされました。

販売形態はデジタルとVinylの2つから。Audioのソロリリースは昨年10月の'Nil By Mouth EP'以来となります。

RAMM199D - Audio - Shatterdome / 2 Stroke
iTunes - ミュージック - Audio「Shatterdome / 2 Stroke - Single」
Amazon.co.jp: Shatterdome / 2 Stroke: Audio: デジタルミュージック

また、Audioは09月08日放送のBBC Radio 1 - Frictionに電話出演しインタビューで5枚目のアルバムについて言及しています。

BBC Radio 1 - Friction, Mob Tactics and Ram Records

Sub Focus - X-Rayのリリースから10年

sub_focus.jpg

今年2015年はSub FocusX-Rayをリリースしてから10年が経過する年です。

現在では一般的なDrum 'n' Bassプロデューサー / DJという範疇を超えた存在となり今週末はULTRA JAPANへの出演も予定されているSub Focusですが彼のキャリアの転換点の1つ、最初のピークとして知られているのが2005年のX-Rayリリースでしょう。

X-Rayは2005年当時UK Dance Chartシングル部門で一位に輝いたリリース'X-Ray / Scarecrow'の収録曲で、一度聴けば忘れることのないリードラインとPunchy Snareが非常に特徴的な楽曲です。

このリリースで注目を集めたSub Focusは以降数枚のシングルと一枚のアルバムをRAM Recordsからリリース、何れも高い評価を得てシーン内での自身の地位を確固たるものとします。更にこの後、大規模なセットを構築したライブパフォーマンスの実現やセカンドアルバムがメジャーレーベルからライセンスされる等Drum 'n' Bassをルーツに持つアーティストとしては異例の商業的成功を収めることにもなるのです。

Sub FocusはRAM Recordsが産んだスターとして、そしてChase & StatusやWilkinsonへと繋がる最初の成功例としてDrum 'n' Bassの歴史を語る上で欠かすことの出来ない存在です。X-Rayは単純に素晴らしい楽曲であるのとは別にSub Focus栄光の日々の第一歩であり、延いてはDrum 'n' Bassに新たな可能性を示した契機として歴史的に重要な一曲でもあるのです。

RAMM54D - Sub Focus - X Ray
iTunes - ミュージック - Sub Focus「X Ray - Single」
Amazon.co.jp: X Ray: Sub Focus: デジタルミュージック

Bensleyがヨーロッパデビューへ

bensley.jpg

今月からヨーロッパでの本格的なDJのキャリアをスタートさせるBensleyが現在の心境をRAM Records公式サイトに掲載されたインタビューで明かしています。

Bensleyは09月25日にオランダらヨーロッパツアーを開始し、ロンドンではRAM Recordsのイベントへ出演します。

Bensley's European Debut is Coming!

Hey Bensley, thanks for speaking to us! So you’re playing out in Europe for the first time this year. Are you nervous?

I’m actually really looking forward to playing out there, but also incredibly nervous! Toronto has an amazing drum and bass scene, although I can’t wait to see what it’ll be like in London; obviously it’s the scene’s capital. It’s packed in Toronto when everyone comes out in force to see Andy’s sets, and knowing that the scene is ten times bigger across the pond is pretty exciting!

I’m also amped because since the release of my album, people are beginning to show up for me and they know my tunes. That’s an amazing feeling! Tracks that you wouldn’t think to go off in that atmosphere are getting big reactions because people have developed an attachment to them that goes beyond the dance floor. It’s great to bring that into a live setting!

My first gig is in Haarlem, the Netherlands, which is going to be sick!

また、ヨーロッパツアーを開始するにあたり自身のFacebook及びInstagramページにこれまで働いていた職場での最後の様子を投稿しています。

Bensleyは約5年間No Frills(カナダのチェーン食料品店)に勤め、こうした日中の仕事をこなしながらRAM Recordsへデモを送り続けていたとUKFの記事で語られています。

After almost 5 years, today is my last day of work at No Frills. I'm sure in some sick, twisted way I'll miss this place, but bigger things are on the horizon.

Posted by Bensley on 2015年8月11日

Noisia & The Upbeats - Dead Limit EP [Out Now]

Noisia_and_The_Upbeats_-_Dead_Limit_EP.jpg

NoisiaThe UpbeatsによるコラボレーションEP'Dead Limit EP'Vision Recordingsからリリースされました。

収録されるのはNoisiaとThe Upbeatsによる共作楽曲4曲で、販売形態はデジタルとVinyl。更に、Tシャツやポスターが付属するDeluxe BundleをNoisia's offical web storeで購入可能です。

'Dead Limit' starring Noisia & The Upbeats (MP3)
iTunes - ミュージック - The Upbeats & Noisia「Dead Limit - EP」
Amazon.co.jp: Dead Limit: The Upbeats Noisia: デジタルミュージック

NoisiaとThe Upbeatsは過去にも共同で制作を行っており、高い質のNeurofunkを生み出して来ました。本作ではスピーカーの前面に張り付くようなドラムやDead Limitで聴くことが出来る巨大なReeseベース等、Noisiaが従来持っている個性が強く発揮されています。

dBridgeがBad Company UKの新曲を披露

bad_company_UK.jpg

イタリアのDrum 'n' BassフェスティバルSun & Bass及びクロアチアのOutlook Festival 2015に出演したdBridgeが新たに制作されたBad Company UKの楽曲を披露しました。

昨年05月、DJ FreshがBad Company UKの活動再開を示唆したツイートを行ったことは大きな話題となりグループの復活が期待されましたがそれ以降は具体的な進行状況等は明らかにされないままとなっていました。

関連: DJ Freshが「Bad Companyに戻る時かもしれない」とツイート

今回の新曲発表は今現在楽曲を完全な形で聴ける場所が存在しないためファンはもう暫くもどかしい思いをすることになりそうです。

DBridge drops new Bad Company track 炎 #badcompanyuk #dbridge #outlookfestival @dbridge

Irfan Brkovićさん(@kompot36)が投稿した動画 -

Teddy Killerz - Hyperspeed EP [Out Now]

Teddy_Killerz_-_Hyperspeed_EP_ramm194d.jpg

Teddy Killerzの最新EP'Hyperspeed EP'RAM Recordsよりリリースされました。

本作は4曲入りのEPで販売はデジタルとVinylの2つからとなっています。作風は基本的に今年03月にリリースされたシングル'Teddynator / Endlessly'の延長線上にあり、凶悪なベースラインとアグレッシブなドラムが特徴的です。その中でSpace JunkはJazzの要素を感じさせるイントロとJungleを感じさせるブレイクスが印象的な楽曲でTeddy Killerzのスタイルに新たな広がりを感じさせます。

RAMM194D - Teddy Killerz - Hyperspeed EP
iTunes - ミュージック - Teddy Killerz「Hyperspeed - EP」
Amazon.co.jp: Hyperspeed EP: Teddy Killerz: デジタルミュージック