Bensley - Next Generation

bensley_-_next_generation_rammlp22d.jpg

RAM RecordsからBensleyのデビューアルバム'Next Generation'がリリースされました。

当初04月06日に予定されていたリリースに遅延が発生し一時は27日リリースと発表されましたが、結果的に26日リリースとなった様子です。

販売形態はデジタル / CD / Vinylの3つで、VinylにはNext Generation, Cold Storage, Fandango, Fool's Goldの4曲が収録されています。

RAMMLP22D - Bensley - Next Generation
iTunes - ミュージック - Bensley「Next Generation」
Amazon.co.jp: Next Generation: Bensley: デジタルミュージック

以前からお伝えしている通りBensleyはカナダ出身の19歳で、2013年12月にRAM Recordsにデモを送付し2014年04月にAudio, Stealthと共にRAM Recordsとの専属契約を発表。その後1年近く一切リリースが無く今年2月にシングル'Fandango'でデビューしたばかりという異色の経歴を持つDrum 'n' Bassプロデューサーです。

RAM Recordsはこれまで広告の手法としてBensleyが契約に至るまでの経緯を紹介することで契約を即座に決断させた力量を強調し、受け取ったデモに含まれていたNext Generationをアルバムタイトルに採用することで若さを強調して来ました。しかし、こうした特別な存在であるとの演出にはアルバムの全容が不明な段階では誇大広告的と指摘があったのも事実です。彼は本当にMemtrix, Jor Ford等と共に次世代のDrum 'n' Bassシーンを担う人物として相応しい存在か?'Next Generation'はそうした疑問を払拭するには十分なアルバムです。

D&BTVがHospital Recordsによる番組ジャックで復活

11140233_10153345349483083_7503702676263327094_n.jpg

Drum&BassArenaは自身のスタジオからDJ Setを配信するインターネット番組D&BTVの復活を発表しました。配信は日本時間05月07日03時から独自の配信ページhttp://live.breakbeat.co.ukで行われる予定です。

現時点でラインナップは未発表ですが既にHospital Recordsが中心となることが予告されています。

D&BTV is back in 2015 & we're excited to have Hospital Records on board for the first episode! Join the event page for more info: https://www.facebook.com/events/695299713929006/

Posted by Drum&Bass Arena on 2015年4月22日

また、D&BTVの復活に際してDJ MarkyのDJ Setを観ることが出来る#86やS.P.YとNu:ToneのBack To Backを観ることが出来る#177等、過去に配信されたエピソードがD&BTVのYouTubeチャンネルで公開されています。

Mat Zoが「全く異なる2枚のアルバムを制作している」と明かす

Mat_Zo.jpg

Mat Zoが現在全く方向性の異なる2枚のアルバムを制作中であると明かしました。

これはUKFに掲載されたインタビュー中Mat Zo自らが明かしたもので、全文は以下のリンクから閲覧可能です。

Mat Zo pays homage to drum & bass and reveals exciting album plans… - UKF

Sounds like you’re constantly in the studio… Can we chat about any album plans?

Sure. Actually I started one but accidentally started another during that process. So I have two albums in production right now.

TWO?

Yes. I had this one album that had a very specific theme but then I was writing all these other tracks which didn’t fit with it. So I started putting them into a different album projects.

So two completely different projects stylistically?

Completely. Almost opposite. One is really dark and serious. The other is kinda playful and tongue in cheek, almost.

The yin and yang of Mat Zo. Are you thinking of releasing them as a double album? Like Use Your Illusion One & Two? Not sure if you’re cool with an Axl Rose comparison….

Ha! I’m not Guns N’ Roses. But I did think about releasing both albums at the same time. But they’re such different styles it would be too confusing. And one will take a lot longer than the others. Who knows? It’s early for both but I’m really enjoying what I’m making right now…

Mat Zoの発言によると、2枚のアルバムは「ほぼ正反対のもの。」でありそれぞれのアルバムの方向性は「1つはダークでシリアス。もう1つは殆どが少し陽気でふざけた感じ。」とのことです。また、リリースのタイミングについては「同時リリースについても考えたが、それらは非常に異なったスタイルであるため混乱するだろう。」と2枚同時リリースには否定的な様子です。

近年はDrum 'n' Bassから遠ざかっていたMat ZoでしたがイギリスのSF映画Robot Overlordsのために制作されたRobots Never Lieは彼が発表した久々のDrum 'n' Bassトラックです。また、このトラックはこれまで彼が得意としてきたLiquid Drum 'n' Bassから離れた作品であるという点にも注目するべきでしょう。

インタビューでは今後のDrum 'n' Bassトラックのリリース予定についても尋ねられ、Mat Zoはアルバムに収録される可能性について言及しています。

So nothing forthcoming on Hospital right now?

We’re still friends, we’re in contact and I’m open to ideas but the stuff I’m making right now doesn’t fit their label.

Where would we find any D&B you’re making?

On albums, on my own label, who knows? I’ve got a few D&B tunes, though. Netsky and I started a collaboration a little while ago. There’s lots of stuff in the pipeline… I love drum & bass.

「現在制作しているトラックはHospital Recordsには適合しない。」という発言からはRobots Never LieのようなNeurofunkの要素を持ったDrum 'n' Bassトラックを制作していると予想することが出来ます。また、「最近Netskyとのコラボレーションを始めた。」という発言も気になる所です。その他インタビュー中ではMat ZoとDrum 'n' Bassの出会いについても語られています。是非全文をご覧下さい。

Mat Zoは2000年代後期から2010年代前期にかけてイギリスのTranceレーベルAnjunabeatsから前衛的なTranceを多数リリースしたプロデューサーとして特に有名であり、2013年にはアルバム'Damage Control'を同レーベルからリリース。また、優れたTranceプロデューサーであると同時に過去にはMRSA名義でHospital RecordsからDrum 'n' Bassトラックをリリースしています。

若干16歳でのデビューから2年後Anjunabeatsと契約を交わし、その後はプロデューサーとしてのみならずDJとしても高く評価されレーベルの一時代を支えました。そして、Anjunabeatsを離れた現在も自身のレーベルの立ち上げやSoundCloud上でのEPリリース等、楽曲制作のみならず音楽産業のあり方にも実験的な要素を持ち込み注目を集めています。

Bensleyのデビューアルバムリリースは04月27日に決定

bensley_-_next-generation.jpg

RAM RecordsからリリースされるBensleyのデビューアルバム'Next Generation'04月27日にリリースされると正式に発表されました。

当初リリース予定日を04月06日としていた'Next Generation'ですが、延期された末リリース予定日が不明なままとなっていました。

また、日本時間04月21日22時までUKFの以下のページでアルバムのプレビュー音源を試聴可能です。

Stream Bensley - Next Generation album TODAY ONLY - UKF

Lenzman「史上最も影響力のあるDrum 'n' BassアーティストTOP3は?」

Lenzman.jpg

先月29日、Lenzmanの行ったあるツイートに対し多くのTwitterユーザーから返信が寄せられました。

ツイートの内容は「史上最も影響力のあるDrum 'n' BassアーティストTOP3は?教えてくれ。」というもので、influential(影響力のある / 有力な)という単語の解釈も含め人によって大きく見解の分かれる問いかけでした。このツイートに対する返信は以下のリンクから閲覧することが出来ます。

@thelenzman since:2015-03-29 until:2015-03-31 - Twitter検索

寄せられた返信の中には「3人(組)は十分ではない。」という意見やTOP3という数の制限を無視したもの等もありましたが、集計するとGoldieが15票で1位、次いでDillinjaが11票、3位には9票でCalibreという結果となりました。Calibre以外の2人は何れもシーン初期から活動を続けているDrum 'n' Bassの歴史を語る際欠かせない人物で、こうした伝説的とも言える存在の彼等と並んでしまうCalibreの評価と人気が如何に高いかが伺える結果と言えます。

今回回答した多くのTwitterユーザーは普段からLenzmanをフォローしている"Lenzmanの音楽のファン"であると考えられます。今回の結果はそうした点も勘案して見るべきで、多様なサブジャンルを形成している今日のDrum 'n' Bassでは別の環境で同じ問いかけを行った場合結果が大きく異なったものになる可能性も大いにあるでしょう。

あなたのTOP3はどのようなものになるでしょうか?是非考えてみてください。

SpectraSoulニューアルバムのプレビューMixをフリーダウンロード

SpectraSoul_-_The_Mistress_Exclusive_Album_Preview.jpg

現在SpectraSoulの公式サイトでは06月07日にShogun Audioからリリース予定の彼等のセカンドアルバム'The Mistress'のプレビューMixをフリーダウンロード可能です。

ダウンロードには公式サイトを訪れると表示されるテキストボックスにメールアドレスを入力し"Subscribe"をクリック。受信したメールの"Yes, subscribe me to this list."というリンクから訪れることが出来るダウンロードページの"SpectraSoul The Mistress Download The Exclusive Album Preview"と書かれた画像をクリックする必要があります。

なお、この手順を踏むと将来的なメールマガジンの受信を許諾することと同義になる可能性がありますのでご注意下さい。

SpectraSoul | The Mistress

Teddy Killerzが「次のEPの作業を既に終えている」と明かす

ramm183d.jpg

先月RAM Recordsからシングル'Teddynator / Endlessly'をリリースしたばかりのTeddy KillerzがDrum & Bass Arenaに掲載されたインタビューで「我々はRAMでの次のEPの作業を既に終えている。」と明かしました。

また、イギリスのDubstep, Electronic RockバンドModestepとのコラボレーションについても触れ、自身もMake You Mine feat. Teddy Killerzで参加している彼等のセカンドアルバム'London Road'が素晴らしいものになるだろうと話しています。

What’s next in store for you guys? Don’t know how you find time to produce as must be so busy!

Garud: We are already finishing our next new EP on RAM. But I think the next thing is going to be a collaboration with our good friends Modestep on their new album London Road… which I have to say is going to be sick as f*ck! We are really happy for the guys, because they’ve made an absolutely brilliant album.

Teddy Killerz: on the RAMpage - Drum & Bass Arena :: Blog

更に、Nu:sounds Musicに掲載されたインタビューでも2015年の活動について問われ「確実に我々からもう1つか2つのEPリリースがあるだろう。それ加えてコラボレーションやRemixも沢山。」と多作振りが伺える答えを返しています。何れも2015年中の多数のリリースと近い将来のアルバムリリースが期待出来る発言です。

Ram for me personally, are having an amazing start to 2015. Your latest offering is adding to that and in particular Endlessly is serious tune. What can we expect from you during 2015 and beyond?

There will be definitely be one or two more EPs from us. Plus a bunch of collaborations and remixes. You want to hear something special, right? So it takes quite a lot of time. But that’s our goal now – moving to an album step by step.

Teddy killerz drop new release on Ram | Nu:sounds Music

Lenzman - Looking At The Stars Remixesリリースへ

Lenzman_-_Looking_At_The_Stars_Remixes.jpg

昨年MetalheadzからリリースされたLenzmanのデビューアルバム'Looking At The Stars'のRemixアルバムがリリースされるようです。現在発売日やトラックリスト等は明らかになっていませんが04月07日放送のBBC Radio 1 - Friction内でアルバムへ収録されると思われるトラックが幾つかエアプレイされました。

BBC Radio 1 - Friction, Fabio and Grooverider + Metalheadz DNB 60

今回は番組後半のDNB60枠をLenzmanとMakoが30分間ずつ分けて担当しており、RemixトラックはLenzmanのMix内でプレイされました。これらはBBC Radio 1ウェブサイト内でのオンデマンド放送以外にMetalheadzのSoundCloudページでも視聴可能です。

SoundCloudページにアップロードされたMixでは以下の再生時間からそれぞれのトラックを聴くことが出来ます。

00:00 My Tearz feat. Steo (Ulterior Motive Remix)
13:30 Lazy Dub (Zero T Remix)
15:56 Starz (LSB Remix)
27:40 Paper Faces feat. Martyna Baker (Ivy Lab Remix)

今回プレイされたトラックの幾つかはLSB - FABRICLIVE x Soul:ution MixZero T Remixes Mix 2001 - 2015でもプレイされていましたが恐らくMy Tearz feat. Steo (Ulterior Motive Remix)は今回が初めてで、Ulterior Motiveも自身のTwitterアカウントでRemixを行ったことを認めています。

MakotoがHospital Recordsのコンピレーションアルバムの為に60分間のDJ Mixを提供

11096578_10152666498936193_3310280911210230936_n.png

MakotoHospital Recordsの新しいコンピレーションアルバム'Fast Soul Music'のリリースに際して提供した60分間のDJ Mixが04月06日放送のBBC Radio 1Xtra - Aceで放送されました。現在オンデマンド放送で02:00:10頃から視聴可能です。

トラックリストには'Fast Soul Music'に収録されている楽曲の他Makoto & A-Sides - Searchin' (DJ Marky Remix)Makoto - YGMYC等未リリーストラックも含まれています。

BBC Radio 1Xtra - Ace, Ace is in the mix for Bank Holiday Monday

My dnb mix for Hospital's new back catalog compilation called "Fast Soul Music" will be broadcasting today 9pm GMT on...

Posted by MAKOTO on 2015年4月6日

Hospital Records – Shop – Various Artists – Fast Soul Music
iTunes - ミュージック - Various Artists「Fast Soul Music」
Amazon.co.jp: Fast Soul Music: Various artists: デジタルミュージック

'Fast Soul Music'は"Soul MusicにインスパイアされたDrum 'n' Bass"を主題にしたコンピレーションアルバムで過去のHospital RecordsのリリースカタログからSoul Musicの要素を含む46曲が収録され、それに加えてNu:Toneによる約60分間のDJ Mixが2つ付属します。

また、Hospital RecordsのYoutubeチャンネル及びSoundCloudページではNu:ToneによるアルバムMini Mixが公開されています。

'Fast Soul Music'はHospital Recordsから04月27日にリリースされます。

Teddy Killerzのエイプリルフール「我々はDrum 'n' Bassの制作を止める」

The_Future_LoFo_Sound.png

Teddy Killerzが04月01日に「Drum 'n' Bassの制作を止める。」という内容の嘘を披露しました。

今回の嘘は'The Future LoFo Sound'の説明欄で「我々はTeddy Killerzの新しいサウンドを探してきた。Neurofunkシーンに参入した3年間は素晴らしかったが、常に何かが欠けていると感じてきた。そうした中で我々はDrum 'n' Bassに疲れていることを認めざるをえない。我々は新しいサウンドへの旅の間に制作された3曲を共有したい。」と宣言し所謂EDMに分類することの出来る3曲を'The Future LoFo Sound'としてフリーダウンロードで公開するというものでした。

SNSの発展により嘘をつく側が対象との1対1の関係を作りづらくなったため誰かの指摘が割り込むことによって本来なら騙されていた人も嘘に掛けづらい状況になっていますが、今回はRAM Recordsの協力やUKF, Your EDMといったニュースサイトも巻き込んでいたため信じてしまった方もいらっしゃったかもしれません。

また、始めから騙されることのなかった人にとってもこれまでハードなDrum 'n' Bass, Electro House, Dubstepトラックを制作してきた彼等がEDMプロデューサーへ進むという突拍子もない内容とRAM Recordsの切羽詰まった演技はそれだけで十分楽しめる内容だったのではないでしょうか。

Teddy Killerz: "We're quitting D&B" - UKF
Teddy Killerz Abandon DnB Months After Signing To RAM Records | Your EDM

Hope you had some fun, people:) Massive thanks to UKF, RAM Records & Your EDM for taking part in that joke <3#LOFO #FOOLSDAY #COMETOTEDDY

Posted by Teddy Killerz on 2015年4月2日