Brookes Brothers - Orange Lane [Out Now]

Brookes_Brothers_-_Orange_Lane.jpg

Brookes Brothersのセカンドアルバム'Orange Lane'Viper Recordingsからリリースされました。

Breakbeat Kaosからリリースされた前作'Brookes Brothers'から約6年、本作はDNB Timesでも2014年にその旨をお伝えしていた通りBrookes BrothersがViper Recordingsとの契約後間もない頃から完成間近とされていながら長らく続報が途絶えていたファン待望のアルバムです。収録されるのは全13曲、購入はデジタルとCDから選択出来ます。

BROOKES BROTHERS - ORANGE LANE LP
Brookes Brothers「Orange Lane」を Apple Music で
Amazon.co.jp: Orange Lane (Club Masters): Brookes Brothers: デジタルミュージック

リリース計画に遅れが生じたため本作はCarry Me On feat. Chrom3やClimb High feat. Danny Byrdといった2年以上前のシングルも収録されていますが多くは新曲で構成されており、Soul, Funk, Discoといった要素をDrum 'n' Bassと融合させた彼等らしさが前作以上に発揮されたアルバムとなっています。

リリースが遅れた理由としてBrookes BrothersはUKFに掲載されたインタビューで「After all that we had some sample clearance issues that delayed the release even more.(結局のところリリースを更に遅らせるサンプルクリアランスの問題があった。)」と説明しています。また、アルバム制作中の過酷だった出来事についての質問にもボーカルサンプルの使用について権利問題をクリア出来なかったことを挙げており、権利者の存在するサンプルを楽曲制作に利用するプロデューサーにとってこうした問題は不可避であることが伺えます。

Brookes Brothers announce new album - Orange Lane

Now give us a shit moment. A time when you thought the album may never actually materialise from this trip you’ve been on?
(では、酷かった瞬間を教えて下さい。あなたが行っていたこの作業からアルバムが実現しないかもしれないと思った時でしょうか?)

Every good moment needs a corresponding shit one! You have to try and stay level-headed even when everything feels like it’s going against you. I think the worst moment for me was when we couldn’t get a vocal sample cleared despite spending like 10 days re-recording and processing it to perfection.
(すべての良い瞬間には犠牲が必要です!あらゆることがあなたに逆らっているように感じる時でもあなたは冷静さを保ちつつ取り組まなければなりません。私にとって最悪の瞬間は、10日間の再録音や完璧な処理を費やしたにもかかわらずボーカルサンプルをクリア出来ない時でした。)

Rene LaViceがFrictionからBBC Radio 1番組のホストを引き継ぐ

22382431_1681090061924204_7340888329097810912_o.jpg

BBC Radio 1及びBBC Radio 1Xtraで放送されて来たBBC Radio 1 - Frictionについて、11月から現行ホストを務めるFrictionが退きRene LaViceが新たなホストとして番組を引き継ぐことが発表されました。

BBC Radio 1 - Frictionは現地時間で毎週月曜25時(日本時間火曜午前10時)にBBC Radio 1, BBC Radio 1Xtraで毎回3時間に渡って放送されて来たDrum 'n' Bass専門のラジオ番組です。主に"Friction Drum 'n' Bass Show"などと呼ばれ毎週シーンで著名なDJから提供されたゲストミックスを放送したり電話やスタジオにゲストを招いてのインタビュー、そして主要Drum 'n' Bassレーベルが新曲の皮切りの場として選ぶなどシーンの中心的な番組として機能してきました。

BBC Radio 1 - Friction

Frictionは今回の降板について、熟慮の末自身のDJやプロダクションのキャリアに専念する決断に至ったと説明しており、番組を担当するに当たり関わった人々やこれまで番組を愉しんでくれたリスナーへ自身のFacebook, Twitterアカウントを通し感謝を述べています。なお、Rene LaViceは2017年11月07日の放送から同時間帯で番組を担当することが明らかにされています。

Drum&BassArena Awards 2017 Round 1投票開始

Drum&BassArena_Awards_2017.png

今年通算9回目となるDrum&BassArena Awards 2017の開催が発表され、ノミネート項目を決定する1回目の投票が開始されました。

Drum&BassArena Awardsは一般ユーザーの投票によって結果が決定するDrum 'n' Bass専門の音楽賞です。毎年年末に結果発表と授賞式が行われており、今年は12月05日にElectric Brixtonで授賞式が予定されています。

Save the Date: Drum&BassArena Awards 2017 Confirmed for 05 December

今回の投票ではフォームに沿って手動でBest DJ, Best Producer等の項目を入力していく必要があります。投票が終了すると最後に入力したメールアドレス宛に確認のメールが届くので、記載されている確認リンクをクリックすれば完了です。

Drum&BassArena Awards 2017

1回目の投票は10月23日に締め切られますので御注意下さい。

Various Artists - This Time Last Year: The Remixes [Out Now]

Various_Artists_-_This_Time_Last_Year__The_Remixes.jpg

Soulvent RecordsからPola & Brysonのデビューアルバム'This Time Last Year'のRemix EPである'This Time Last Year: The Remixes'がリリースされました。

'This Time Last Year'は現在Shogun Audioと契約を結ぶPola & Brysonが2016年に自身のレーベルSoulvent Recordsからリリースしたアルバムで、シーンの新参者でありながら優れたLiquid Drum 'n' Bassトラックを多数揃えたこのアルバムは高い評価を得ました。

本作はそんなアルバムから選ばれた7曲のRemixを収録したRemix EPで、リミキサーにはS.P.Yの様な著名なプロデューサーからHugh Hardie, Was A Beといった新進気鋭なプロデューサーまでが名を連ねています。

Pola & Bryson - This Time Last Year: The Remixes (SV033) | Soulvent Records
Pola & Bryson「This Time Last Year: The Remixes」を Apple Music で
Amazon.co.jp: This Time Last Year: The Remixes: Pola & Bryson: デジタルミュージック

El Hornetが自身のSoundCloudページで最新のPendulum DJ Mixを公開

El Hornet Facebook Profile 2016年10月31日 14925585_717387461747702_4512908942891256898_n.jpg

El Hornet"PendulumJuly2017studiomix"と題されたDJ Mixを自身のSoundCloudページで公開しました。SoundCloudの説明(Description)欄によるとオーストラリアのラジオ局の依頼に応えるため制作されたものの放送されることはなかったということです。

このDJ Mixでは2015年以降PendulumのセットでプレイされているBlood Sugar (VIP)やTarantulaとのMashupでプレイされることでお馴染みのKnife Party - Bonfire (VIP)等を含む約30分のDJ Mixを聴くことが出来ます。特にBlood Sugar (VIP)はファンによるリメイクを除けばこれまでオーディエンスによる録音しか残されていなかったため貴重なスタジオ音源と言えます。