CalibreがBBC Radio 1's Essential Mixに登場

Calibre_BBC_Radio_1_Essential_Mix.jpg

07月01日放送のBBC Radio 1's Essential MixCalibreが登場しました。

2時間のDJ Mixの内後半の1時間がDrum 'n' Bassトラックで構成されており、自身の楽曲を多数プレイしている他LSBやTokyo Proseそして先日急逝したMarcus Intalexの楽曲を含むセットとなっています。

CalibreのBBC Radio 1's Essential Mixは現在オンデマンド放送で全編視聴可能です。

BBC Radio 1 - BBC Radio 1's Essential Mix, Calibre

Rob Swireがドラムレコーディングセッションの模様をTwitterで公開

Rob Swire

Rob Swireが今月07日、Rob SwireのプライベートスタジオにてKJ Sawkaをプレイヤーに迎えて行われたドラムレコーディングセッションの模様を撮影し自身のTwitterアカウントでビデオを公開しました。

現在Rob Swire及びKJ SawkaはPendulumとしてNASS Festival 2017出演の為ロンドンに滞在しています。

今月05日にはKJ Sawkaが"#london #pendulum"というハッシュタグと共に"studio time"という文言の含まれた画像を自身のInstagramアカウントで公開したことでファンの間ではPendulumとして何らかの作品の制作が開始されたのではないかと取り沙汰されていましたが、今回のビデオはそうした推測を裏付けるものとなりそうです。

#london #pendulum

KJ Sawka | Pendulum & Destroidさん(@kjsawka)がシェアした投稿 -

Mat ZoがMRSAとして新曲を発表

mrsa.png

Mat ZoMRSA名義での新曲、Bio Weapon及びStuxnetのリリースを発表しました。

MRSAとは主にTrance / Houseプロデューサーとして知られるMat ZoがDrum 'n' Bassトラックをリリースする際に使用していた名義で、新たな作品が発表されるのは約4年振りです。また、以前のMRSA名義での活動はLiquid Drum 'n' Bassを基軸としていましたが今回発表された2曲が属するサブジャンルはNeurofunkとなっています。

Bio WeaponはVision Recordingsの姉妹レーベルInvisible RecordingsからリリースされるEP'SOLIDS_1'に収録され07月07日にリリース予定です。

Solids_1 (Digital) (PRE-ORDER) - Vision Recordings

また、StuxnetはHospital Recordsのコンピレーションアルバム'Hospitality In The Park 2017'に収録、こちらは07月28日にリリースされます。

Hospital Records – Shop – Various Artists – Hospitality In The Park 2017

2017年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

本記事では今年上半期にリリースされたDrum 'n' Bassアルバムの中から特にお薦めしたい5枚を選出しました。この6ヶ月を振り返るきっかけとして活用していただければ幸いです。

関連記事
2014年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2014年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2015年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2015年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2016年上半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選
2016年下半期 絶対に聴いておくべきDNBアルバム5選

今年上半期はGoldieがGoldie名義としては19年振りとなるアルバム'The Journey Man'をリリース。彼らしい鋭いビートと濃密なベース、広遠な空間を感じられる空間処理は圧巻です。

また、拙さが感じられる箇所も見受けられるものの瑞々しい個性を発揮しているHugh Hardie'Colourspace'はLiquid Drum 'n' Bassファンへ是非お勧めしたい作品。

そして、Hospital Recordsを離れ新たな環境へ移行したCamo & Krookedが放つ'MOSAIK'は前作'Zeitgeist'で見せた方向性を更に推し進めた作品で、印象的なメロディーや巨大なドラムサウンドを魅力としていた以前のスタイルとは更に距離を置いた硬派な内容となっています。

Goldie - The Journey Man

Journeyman / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Dexcell ‎- Under The Blue

Bandcamp / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Hybrid Minds - Elements

Hybrid Minds / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Hugh Hardie ‎- Colourspace

Hospital Records – Shop / iTunes - ミュージック / Amazon.co.jp デジタルミュージック

Camo & Krooked ‎- MOSAIK

RAM Shop

Fred V & Grafixが英首相の発言をサンプリングしトラック制作

Fred_V_and_Grafix.jpg

Fred V & Grafixは今月06日、自身のYouTubeチャンネルで現イギリス首相Theresa May氏の発言を基にトラック制作する模様を動画で公開しました。

動画にはピッチ補正プラグインWaves Tuneでサンプルを加工する様子やiZotope VocalSynthでハーモニーを生成する様子などが記録されています。

サンプリングされたMay首相の"Strong and stable leadership"という台詞はイギリス総選挙に向けてMay首相が打ち出したスローガンで、今後EUからの離脱手続き"Brexit"を進める必要があるイギリスの与党保守党は当初2020年に予定していた総選挙を今年実施すると04月に決定、May首相は自らの率いる保守党の「強く安定したリーダーシップ」を選択するのか「弱く不安定な連立政権」を選択するのかをイギリス国民に問いました。当初優勢と見られていた保守党でしたが、「強く安定したリーダーシップ」というスローガンを執拗に繰り返す様は多くの人の嘲笑を買い、更に打ち出した選挙公約が野党に酷評され世論調査でも労働党に詰め寄られたことで投開票前からMay首相の選挙戦略を疑問視する見方は強まっていました。

'Strong and stable' - Why politicians keep repeating themselves - BBC News

この動画が公開された後、現地時間06月08日に行われたイギリス総選挙ではMay首相率いる保守党が第一党を守ったものの過半数議席の獲得には至らず、保守党内からも首相の進退について意見が飛び出す事態となっています。

Election results: Theresa May 'no intention of resigning' after losses - BBC News